2016.12.11(Sun)13:00  横浜市三ツ沢公園陸上球技場
高円寺杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグEAST 第18節
横浜F・マリノスユース 3−0 大宮アルディージャユース

2016.12.23 20:44 更新

▲大宮劣勢。試合巧者のマリノスユースのセットプレイで数回ピンチ。

観戦 前試合へ

観戦 次試合へ

ページTOPへ戻る

【試合前】
 ・ユース最終戦。この試合前までの順位は、

    1位 青森山田高   33
    2位 FC東京U18  32
    3位 大宮ユース   31

 首位の青森山田高校は2位FC東京との試合、よって大宮ユースが勝点で一番になるには、青森山田さんたちは
 引分け&大宮勝ちのみで、青森山田高と大宮が勝点34で並ぶ。しかし、得失点差がかなり青森山田高のほうが上で
 実質大宮のEAST制覇の可能性はかなり低い。
 
 なお、今年のユースからは#4山田君のみが来期トップチーム入りを決めている。


【試合備忘・感想】
 ・横浜さんの明らかにオフサイドに見えた得点で、大宮早々失点。その後も攻勢をかけるが、結局90分得点
 することできない。逆に、横浜さんが2点を追加、大宮最終戦で完敗、リーグは4位へ転落。
 ⇒チーム力としては大宮のほうが勝っているように思えるが、ここ一番の決定力で横浜さんが一枚上。

 ・大宮の山田君、時おりボランチとして見事なボール奪取と鋭い攻撃の起点となるパスを送る。が、全体的には
 調子はイマイチか。
  この試合一番目にとまったのは、横浜の10番の左ききの選手(3年:吉尾選手)。中村俊輔選手そっくりのテクニ
 シャン系中盤の選手。


【その他】
 ・前日名古屋でバスケB3(豊田合成vs埼玉)の観戦、名古屋より新幹線で新横浜経由で三ツ沢到着。
 いつもJリーグで使用する「ニッパツ三ツ沢」だと思って会場に向かったら解放していない。
 ⇒大宮のHPから、会場をよく見てみると、「三ツ沢公園陸上競技場」となっている。隣の陸上競技場だぁ。